外食

先日、鶴舞のラペッシュさんにお邪魔しました。会社員のころよく行っていたのですが、最近勉強も兼ねて、という点を踏まえて外食しており、こちらのお店はカジュアルなので選択肢に入っていませんでした。ところが、、、正式名称は忘れましたが、鱸のアクアパッツァみたいなお皿、とても美味しかったです。すかさず、「どうやって火を入れているんですか?」と伺ったところ、内緒、とのことでした・笑。そこから、ワインたくさん飲んで、デザート頼んで、食後酒みたいなものを頼んで。そしたら会計の時にヒントを教えてもらえました・笑。練習してみます。

フルーツトマトきわめ

色んなレストランで見かける加藤農園さん(幡豆郡)のフルーツトマト”きわめ”です。最高ランクのもので糖度12度、苺並みかそれ以上です。ただ、何分酸がほとんど感じられず、好みは分かれるかもしれません。当店では酸を調味料で補ってご提供しております。

パスタは太らない

という研究結果が出たようですね。とはいえ”一説”ですけど。(リンク先はヤフーのピックアップニュースなので近々リンク切れすると思います)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6277893

このニュースに対してtwitter上で多かったネガティブな意見は、「イタリアのマンマ(お母さん)みてごらん」です。たしかに大きい方が多いです(笑)。ただこれは、オリーブオイルによるところが大きいのでは、と想像しています。

私たちは2日に1回ぐらいパスタ食べてます、好物なので。ただ、オリーブオイルは最小限(当店でも)にしています。寝る6~90分前に食べていますが、全然太りません。なお、ニンニクや乳製品(生クリーム、バター)もほとんど使っていません。味付けは出汁が主です。

菜花

菜花と言ってもいろいろあるようで、写真は白菜の菜花。穏やかな味わいでした。白菜になれなかったもののようです。当店の食材にはならないことになりました(苦笑)。

国際電話

本日は初めて国際電話からのご予約のお客様を接遇しました。そもそもお越しになるかどうかという点から不安でしたが(笑)、無事に終わりました。料理についていろいろ質問を受けました。今月のデザートはアールグレイのジェラート、レモンのマカロン、土佐文旦ピールという組み合わせですが、「レモンティーにレモンピールを浮かべるイメージか?」など、凝った質問が多かったですね。当店では外国のお客様のご予約もお受けしております。友人・知人にそういう方がいらっしゃる方、是非当店をご紹介くださいませ。

細魚

市場で、小さい物はエンピツ、大きい物はカンヌキと言わています。「murataさん、今日カンヌキあるよ~って薦めてくる魚屋はいますが、今日の細魚はエンピツだよ~とは誰も言ってきません(笑)。今日はこれしかない、って言い切ってきます。当店では地物があれば地物を、地物が”エンピツ”のときは他の産地で大きいものを選んで仕入れています。

ホワイトアスパラ

2月の初旬から見かけます。お好きな方も多い食材ではないでしょうか、私も好きな食材です。ただ、今出回っているものは欧州産も国産もハウスものでして、露地ものは4月ぐらいからです。1年ぐらい前までは野菜にそれほど興味がなかったので、春の走りの食材として2月からホワイトアスパラを使っていましたが、最近は露地もの、有機栽培ものの味の濃さが好きで、ハウスものは基本的に使っておりません。目にするとついつい手に取りたくなってしまいますが、4月まで我慢です。

3月のメニュー

更新しました。また一皿増やしてみました。
たった一皿かもしれませんが、増やした月の前半は夫婦ともどもくたくたになります。これは無理、来月は元に戻そう、と。でも、不思議なもので、慣れてくるんですね、月の後半には。
3月はお料理で13皿とドルチェで全14皿、主菜付きのコースは全15皿の構成です。4月になったらまた皿数増えているかも、なんて仰らずに(笑)是非3月のご来店、心よりお待ちしております。
注)5名様以上のお客様やお酒をお召し上がりにならないお客様には一部のお皿を盛り合わせでご提供することがあります。

スープ

今月は甘鯛のあらからとった出汁を使ったスープをご提供しております。評判が良かったので作り方を少々。写真は何も作業していない状態に見えますが、お腹を掃除してあります。これを徹底的に。あとは身と一緒に温度・湿度を管理しながら10日ほど熟成。あらをオーブンで火入れ。炒めた香味野菜と一緒に弱火で30分ほど。ニンニク使いません。臭みを飛ばすと言われているアルコール類も使いません。あらと香味野菜のみです。そうそう、甘鯛自体は1k超えたものを使っています。小さいものだといくら新鮮でも水揚げから市場に並ぶまでに雑に扱われている可能性が高いのです。