夏季休暇

少し早いですが、7月8日(水)〜15日(水)まで夏休みいただきます。特に何するわけでもないのでお電話は繋がります・笑。よろしくお願いします。このお休みで何か閃くかもしれません・笑。

あと、姉妹店の宣伝で恐縮ですが、名古屋前ちらし鮨粋が6月30日発売の大人の名古屋に少し掲載されます。是非お買い求め下さいませ。メディアにはよく取り上げて頂いてますが、そんなに流行っているわけではありません・笑。4、5月はこちらの売上にだいぶ助けられたんですけどね。2ヶ月で30回ぐらい注文くださった方もいらっしゃいます。お鮨の常習性ってすごいですね。私も高頻度でお鮨食べたくてちらし鮨店始めたんですけどね・笑。

3ヶ月

コロナさんに健康と店舗経営を脅かされて、とにかく出来る限りの対策を講じながら無我夢中で仕事してました。立ち止まると不安に押しつぶされそうでしたので。ふと、最後に丸一日営業休んだのいつだっけ?と予約表を眺めていたら3月22日でした・笑。3ヶ月経ってしまった・・・。今後は少しずつ休息もとりながら皆様をお迎えしたいと思います。

食材の紹介もしていきたいのですが、、、もう少し先にしようかな、と思っています。インスタグラムのストーリーズで時々紹介していますので、お時間ございましたら当店のインスタグラムにアクセス下さいませ。

少々トーン低めの記事になってしまいましたが、夫婦二人(時々プラス娘)で元気いっぱいで営業しております。来月にはイタリアから新しいテーブルが届く予定です(こちらもコロナさんのおかげでいろいろありまして)。テーブルはもちろん、この”いろいろ話”もお楽しみに!

お礼

皆様、4月、ご支援ありがとうございました。ほんの少しですが、姉妹店と合わせた2店舗で黒字で終えられました。お客様のお心遣いに感謝・感謝の毎日です、本当にありがとうございます。

飲食店という括りで言うと、多くの方にとって身近な存在なので、ネットニュースになりやすく、飲食店の厳しさ(多くの業種が厳しいご時世かと思いますが)が多くの方に伝わっているようで、お客様からご心配の声、励ましの声が届いています。今のところ大丈夫です!親に自身の安全を伝えて安心してもらうようなつもりで、このブログを読んでくださっている、親と同じぐらい大切な皆様にお伝えさせていただきます。

私どもはお客様のご支援に恵まれて少しだけ黒字でしたが、このご支援を何かに繋げたいと思い、近所でクラウドファンディングをしている飲食店、イタリアのオリーブオイル生産者等の支援に黒字分を充てさせていただきました。全く面識のない方々への支援ですが、支援が支援を呼ぶような、支援が次々と繋がっていくような、そんな流れに少しでも貢献できれば、という思いです。これによって当店をご支援下さった皆様は、当店だけでなく、当店の近所の飲食店やオリーブオイル生産者をも支援したことになろうかと思います。

さて、5月も頑張ります、コロナ禍では当店は不定休=無休です、黒になったらまたクラウドファンディングで誰かを支援します。

テイクアウトメニュー例

桜ブリ ショウガのドレッシング
アオリイカ 柚子のドレッシング
天然本マグロ カルボナーラソース
ホタルイカ フルーツトマトソース
才巻海老 ジェノベーゼソース
ホタテ 白ワインのソース
黒毛和牛カイノミ 赤ワイン煮込み ニョッキ
黒毛和牛もも 炭火焼
フォアグラのテリーヌ セミドライフルーツ
フルーツトマトのブルスケッタソース
フォカッチャ
抹茶とホワイトチョコのガトーショコラ
ハーブティ

以上がお一人様5千円(税別)のテイクアウト用コースメニューです。

お一人様一万円までお受けしております。お値段が上がるにつれて、魚がノドグロになったり、肉が黒毛和牛シャトーブリアンになったり、海老が大車海老や伊勢海老になったり、エゾアワビやクロアワビが入ったり、地ハマグリが入ったり、雲丹が入ったり、という感じです。ご希望ございましたら何なりとお申し付けくださいませ。ご検討のほど、よろしくお願いします。

パスタは真空パックしたソースと麺を別々でお渡しし、お客様にご自宅などで麺を茹でてソースを湯煎しておかけいただくか、当店で茹でてソースを掛けさせていただくか、ご希望伺っております。

テイクアウト

正直、3月まではコロナウイルスの影響など全くと言っていいほどなく、恥ずかしながら、どこか他人事でした。すみません、反省してます。が、4月6日(月)からですね、キャンセルが多くなってきました。もちろん仕方のないことと思います。

そんな中、キャンセルのお電話で「テイクアウトありますか?」とお問い合わせいただくことが重なりました。皆様の優しさに感謝です。

当初はお断りしていました。私達のお店は飲食業、テイクアウトは製造業。こんなご時世だからといって、異分野にのこのこ出て行き、勝てるほど甘くはないと考えたからです。

でも、待てよ、姉妹店のちらし鮨店でテイクアウト一年半ぐらいやってるなぁ、そこそこ経験あるなぁ、お客様がせっかく手を差し伸べて下さってるんだから甘えさせていただこう、と考えを改めました。

特にメニューはございません、お一人様5,000〜10,000円で承っております。ご興味ございましたらよろしくお願いします。

最近市場でもみんな優しい(テイクアウト専門の姉妹店は皆様のおかげで程々に仕事させて頂いておりますので毎日市場には行っています)。こんなご時世ですがお客様の、魚屋さんの優しさに毎日触れています。亡くなられた方もいらっしゃり、不謹慎かもしれませんが、こんな日々もこれはこれで大切な経験かもしれません。一日も早く収束、できることなら終息するに越したことはありませんが。

皆様に、ほんの一時かもしれませんが、気持ち豊かに素敵なお時間を過ごしていただけるよう、心を込めてテイクアウトのお品お作りいたします。

ちらし鮨プレゼント

皆様いつもありがとうございます。大変な毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

当店も類にもれず大変ではありますが、皆様のお心遣いもあり、適度に仕事させて頂いております。

一方でこのようなご時世にご来店下さったお客様に何か恩返ししたいと思い、色々と考えてみましたが、大変さが増した今年3月以降昨日までにmurataにお越し下さったお客様に、姉妹店「名古屋前ちらし鮨粋」のちらし鮨をプレゼントさせていただこうと思います。お近くにお立ち寄りの際は080-4549-4466にお電話くださいませ。ブログ見たよ〜とお伝え下さい。

お召し上がりいただいた方もいらっしゃるかと思いますが、結構美味しいです・笑。私達夫婦も週一で食べてます。おそらく、ほんの少しですが、皆様の気持ちを明るくできると思います。

遠慮は無用です。皆様のお心遣いにただ応えるだけです。皆様がお召し上がりくだされば私達も嬉しいし、魚屋さんも漁師さんも喜ぶと思います。お近くにお立ち寄りの際は是非!

当店の使命は、皆様の仕事・生活のエネルギー源になることと考えております。その部分に少しでも貢献できれば幸いです。

※4/8加筆修正

<訂正前>3月以降murataにお越し下さった

<訂正後>3月以降昨日までにmurataにお越し下さった

外出を促すような表現ともとれるので修正しました

リーマンショックの記憶

当時会社員でしたが、従業員4万人の企業がここまでするのか、と強く記憶に残っています。

合言葉は“構えを小さく”。当時社会問題になった派遣切りに始まり、社用車は全て売却、交際費は上級役員決済(実質ゼロ)、ほぼ全社員週休3日(当然給料もカット)などなど。

中でも印象に残っているのが、空いた社用車のスペースを女性社員の駐車場にしたことです。通常は社員の駐車場は会社敷地外で会社敷地まで徒歩数分でしたが、敷地内に女性が優遇されて駐車できるようになりました。その理由が、「景気が悪くなると治安が悪くなるから」。

社員の興味は“給料”でしたが、会社のトップというのは全然違った景色を見てるんだなぁ、と驚いた次第です。

いま、各種自粛を求める声や、経済的補償を求める声などがあります。ただ、色々な声のバランスをとりながら社会を治めるのは政治の役割なので、そのあたりの判断は政治家に任せ、当店はおとなしく政治判断を待ちたいと思います。政治家にしか見えない景色があると思います。知事や市長から具体的な指示・要請があればそれに従いたいと思います。

以上のような考えのもと、大手チェーン店のいくつかが営業を自粛している中ではありますが、当店は平常通り開けています。

3つの密について

政府広報より、外出時は3つの密を避けるようアナウンスがありましたので、ご参考までに当店の状況を記します。

・換気の悪い密閉空間

厨房に1つ、厨房外に換気扇があります。厨房の換気扇は動力(三相200V)電源のため強力です。また、厨房の換気に必要な吸気を客席側にとっているため、客席の空気は常時流れています。

・大勢がいる密集場所

20坪程度の店内で、私達夫婦を含めて最大8人程度です。

・間近で会話する密接場面

お客様同士のテーブルは2メートル以上離れております。

雲丹again

豊洲でも人気のブランド雲丹、買い過ぎかなぁ・笑

写真投稿は雲丹ばかりですが、ノドグロにキンメダイ、メタボ石鯛、ハマグリに赤貝、ミル貝に平貝、などなど、春の食材をご準備してお待ちしております。最近のイチオシは‘牡蠣フライの最上級’・笑。天然真牡蠣に名古屋コーチン卵黄、白バルサミコ酢のタルタルソース、自家製フォカッチャのパン粉。

ところで、話は全然変わりますが、保健所に当店の別々のお客様は「濃厚接触者」に該当するか問い合わせたところ、現場を見ないと確かなことは分からないとしながらも、該当しないと思われる、とのことでした。ご来店頂いたことのあるお客様はご存知だと思いますが、当店はテーブル間隔を大きくとっています。その点はご安心いただければと思います。